4/1

五日市-甲武トンネル-津久井湖-尾根幹 130km

風張峠の予定だったけど、午後の多摩川を走りたくないので甲武に迂回。
ちょうど出発するところだったラナビッキーと五日市まで一緒に行く事に。
倍以上生きているだけあって、倍くらい早い(笑)
先に行けと言いながら、奥多摩街道を35km/hくらいで引いて行く。

修善寺が楽だったとの話を聞いて、コンビニ休憩で酸素水を補給。
五日市からは走り足りない2人を足して4人で。
街を抜けてからは引いてる時は心拍170前後、下がった時で160前半。
上がりすぎもせず、下がりすぎもせず、きついけど良い感じ。
先頭交代のタイミングも大分うまくなってきた気がする。
甲武への分岐の後は、前半はシッティングだけ、最後はずっとダンシング。
心拍は180弱くらい。いつもならすぐに力尽きる心拍なのに、最後まで登り切れた。酸素水の効果か?
最後のトンネルが見えてきたあたりで、右ふくらはぎが攣る。

下りでは某masahifHPで盗み見たコーナーリングを試す。
そっちばかり意識が行って、2度ほど曲がり損ねる(爆)※ちゃんと安全な場所で試してます

大垂水で帰るつもりが、20号が大渋滞。とても下れそうもないので、相模湖に迂回。津久井湖、橋本経由で尾根幹へ。
尾根幹でも最後にひともがきと思ったらまた攣ったので流して終わり。

調子がよくてかなりの区間で心拍160台で走れた。力尽きないぎりぎりのペースも分かってきた気がする。
腿の裏も使えるようになってきたけど、右足はまだ使い切れていないので、もう少しか。
その代わりに翌日は起きれなかったし筋肉痛。
ところで、ふくらはぎは攣るのはペダリングが変?
[PR]

by mono_77 | 2006-04-02 22:29 | 自転車