TOJ市民レース

6時集合の予定が起きたら6時50分( ̄□ ̄;
とりあえず、もうじき会場につくであろう人達に電話して○○(諸般の事情により伏字)をお願いして、急いで出発。
多摩川沿いも一般道を使って急ぐ。
大井までAve30km/hなんて初めて・・・

駐車場で先行隊に笑われつつ準備+食事+アップ
来るまでに結構がんばっているので、軽くローラーだけで試走は無し。
チームからは同じ区分で4人エントリーしているが、今回は特にチームプレイは無し。
何故かエースも出ているけど、出場クラスがおかしいので放置の方向。

スタートは先頭。いきなり飛ばす人がいるけど無視してマイペース。
じわじわと位置を下げ、半周くらいかけて最後尾まで移動。
アタックはあっても決まらないだろうし、中切れがあっても何とか追いつけるだろうと踏んで、しばらくサイクリング状態。
心拍も普段のレースより10~20くらい低い
2周目の集団でバーストとかあったものの、TOJにしては驚くほど集団も安定している。でも、舗装修理のアスファルト片が飛び交っててカンカンうるさい。そしてたまに痛い・・・
2周目終盤から位置を上げていって、中盤くらいに腰を据える。
で、バックストレート後の右コーナー(狭くなっている所)の手前でアタック!
場所的に集団は追えないだろうとの読み通り、アタック成功。結構離れて良い感じだけど、誰も付いてきてくれなかった・・・
※集団のペースは多少上がって、そのせいだかコーナーで落車があったらしい。そしてチーム員は半分いなくなっていました・・・

心拍は190超まであがり、ちょっとペースを落とさないとってあたりで振り向くとやはり追ってきている様子。
元々本当に逃げ切れるとは思ってなかったけど、ペースを落として集団に吸われる。
これで集団がかなり小さくなったので(本当の原因は落車)、気づかずにそのまま千切れそうだったが、最後尾に張り付いて回復タイム。
最後の左コーナー手前まできてもペースがあがらなく、人数が少ないこともあり、コーナーも危なげなく通過。
いつもならここからペースが上がるところだけど、まだ上がらない。
スローペースのおかげで回復はしてきたので早掛けと思ったけど、スプリントに参加できそうと欲が出てためらう。
そうやっているうちに、誰もしかけずにラスト500。
右が空いているので仕掛けよう!と思ったところで、集団ど真ん中から右に出てくる人が。
(後で聞いたら、エースが押し出されそうになっていたらしい。)
落車につながる程危なげではなかったけど、それで出て行くタイミングを失って、そのまま流してゴール

25/51位、Top差06s19


計画通りアタックはしたし、成功したので一応満足。
逃げが決まるコースじゃないし、スプリントも駄目なので、元々勝ち目があるレースではなかった(じゃあ何で出たんだ?)
反省点は、2度目のアタックを躊躇ったこと。出来もしないスプリントに欲が出て、案の定何もできずに終わり。
これだったら千切れて終わったとしても仕掛けていた方がよっぽどマシだった。
次は迷ったら仕掛けるようにしよう。


観戦編に続く...
[PR]

by mono_77 | 2006-05-22 18:34 | 自転車