富士HC

・前日
調整とか、疲れが残るとかは無視してスバルライン+あざみラインのつもりだったけど、同乗者が出来たので正午到着予定で出発。
事故渋滞で遅れたけど、ブース覗いたり受付したりしてから、昼飯+サイクリングの皆様と別れて単独でスバルラインへ出発。
ポケットにはウィンドブレーカー、レッグウォーマー、冬用グローブ、財布、鍵、ティッシュで飽和状態(アームウォーマーは装着)
寒いから3合目あたりで帰って来いとの助言を受けて、15km(3.5合目くらい)で引き返すことに。

0~料金所:2m29s 結構きつい。アップしてないので、のんびりと。
料金所~5km:16m44s だいぶきつい。90分どころか、完走も出来ない気がしてくる
 今考えると、暖まってなかっただけ?
5km~10km:16m59s 結構緩斜面が多く、17T、19Tとかも使用。急勾配はダンシングでリズムを崩さないように。
 データを見ると、思ったほどタイムがでてなかった・・・
10km~15km:17m29s 心拍を170以下くらいで安定させるように淡々と。
 ここら辺までくると、ほとんど自転車乗りはいない。みんな2合目くらいで引き返している?
d0046502_2271877.jpg


15kmで53m13s(料金所までは支払い時間を考慮して2分で計算)
Mヒフ理論で計算すると、80分くらい。

下山したらちょうどサイクリングに出るところだったので一緒に流してから宿に移動。
晩ご飯はバーベキュー(っていうか焼きそば)+ご飯。大して働かないのにおいしくいただきました。
減量なんて言葉は一切考えずに満腹になって就寝

・当日
雨の音で目が覚める・・・
宿の横を参加者がどんどん通り過ぎる中で朝食。
みんなDNSと言ってた割には、荷物預け期限直前になるとみんなやる気になって準備を始める。
それでも数名は出ないとか言っていたが、結局私以外は全員スタート。
下りの辛さを知っているはずなのに、みんなすごい・・・

DNSに全く後悔はしていないけど、せっかくなので梅雨が明けた頃にスバルライン+あざみラインを登りに来よう。
[PR]

by mono_77 | 2006-06-12 22:11 | 自転車