7/2 JCRCアンカー祭

・個人TT 1周
鈴鹿向けに勢いで購入したDHバーを付けてのテスト。
d0046502_015710.jpg

DHバーを持ったままだと曲がりにくくてコーナーでふくらんでしまう。
そしてハンドルと持ち変えるタイミングも分からなくて結構タイムロス。
走りは力尽きる事も無く、余力も残す事も無く良い感じ。
タイムは2分15秒くらい。いつもTTで微妙に負けてる人に2秒勝ったので、それなりに効果あるらしい。
感覚では長距離では有効だけど、短距離はそんな意味が無いようなイメージ。

-30分の休憩-

・アンカー祭 3周
上級者も出てるので、その人たちが動いたらついていけばそこそこの順位になるだろうという作戦。
距離を考えれば当たり前だけど、1周目から縦長の集団。どんどん中切れが起きるので、急いで前方に移動。
特に動く事もなく人数は1桁に。
中切れで先頭から離され、必死に追いかけるが追いつかずに4着でゴール
最終周回は最低心拍が191。調子が良かったらしい。

先頭に最後までついて行けなかったのがちょっと課題

-30分の休憩-

・中級 6周
スタート直後に数名が飛び出すが、すぐに吸収。
アンカー祭の疲労が回復していないので、集団後方で休憩。
更に2人が飛び出し、その中にチーム員Yがいる。
すぐに一人になったが、微妙な距離なまま結局2周半くらい逃げ続けて集団に復帰。
5周目で前方に移動すると、ラストラップでペースが落ちてそのまま先頭(アンカーは除く)になってしまう。
アタックポイントが近いので、先頭とおしゃべりしてごまかして追い越される。
3番手くらいで下りの入り口に入り、アウトから一気に飛び出す!
・・・つもりが登りに入って振り向くとペースを上げただけでした。
更にコーナー1つ頑張るがそこで力尽きておしまい。

アタックのタイミングは文句無しだったので、脚力不足+2本分の疲労のせい。
心拍は199(過去最高)まで上がった

-30分の休憩-

・2時間エンデューロ
30分くらいで両ふくらはぎが攣り、1時間くらいで左腿が攣り、休んで再スタートしたら1周で右腿が攣ってリタイヤ


・まとめ
休憩時間30分はかなり無理がありました。
↓これを導入してみたけど、効果は不明(一部で評判のMUSASH。なんかヤバい粉にしか見えませんI)
d0046502_022014.jpg


※あ、試乗の事すっかり忘れてた


メモ 6:15発8:30着
[PR]

by mono_77 | 2006-07-03 00:03 | 自転車