7/08 ヤビツ峠

野猿街道-相模川-表ヤビツ-半原-小倉橋-尾根幹 155km

集合場所にはヤマダ8名+セレーノ20人くらいと溢れんばかりの人数。
3km3%坂の手前の信号に引っかかったので、そのまま離脱。

平和に進んでたが、多摩美坂で半分くらいががんばって登っていく。
追わずにゆっくりしてたら待たずに先に行ってしまった・・・
信号のタイミングとかで結構離れてしまい、相模川までに追いつかないと辛いので、遅れた3人でR413を追走。
やっと前に見えたところで、前の集団はコンビニに。追うんじゃなかった。

相模川はゆっくりとみんなで言い合って再スタート。でもやっぱりアタックする人がいる。
そのままペースがあがって、仕掛けては吸収の繰り返し。
最後の信号に引っかかり、再スタート後の登りで仕掛ける。
エースに捕まったけど何とか後ろについて、最後は譲ってもらった感じで差した。

R246から一旦東名の側道に回って、善波の手前でR246に復帰。(小田厚経由で名古木に行ってもあまり距離は変わらないっぽい)
善波峠はゆっくり登って次に備える。

ヤビツはタイムアタックって事で各自のペースで。いきなり高校生がペースを上げるが無視してマイペース。
バス停前までは、追いついてはまた飛び出しての繰り返しだったけど、バス停を越えたあたりで見えなくなった。
後はたまに出てくる見知らぬ人を餌にしてひたすら我慢。多少垂れたけど悪くない感じ。タイムは40m09s。悪い・・・

残りは大体44m~50mくらいでゴール。そして最後に53-15で登ってきたエースが55分くらい。
私より身体能力は間違いなく上の高校生は、負けたのが凄い悔しかったらしい。ペースの上下が激しいので長い登りには弱い様子。

そのまま裏に下る。交差点前の平地区間は前を追い切れずに遅れて到着。
そのまま半原方面へ

トンネル区間はやっぱりアタック合戦。もう脚が痛いので自分から仕掛けずにアタックを潰すだけに徹する。
最後だけ合わせてちょい刺し。

ケータイを持たない高校生が行方不明(パンクした上にちょうどポンプを忘れてたらしい)になったりしつつ、串川橋、小倉橋経由で尾根幹。
尾根幹は後ろを千切るつもりで引き倒すが、千切れず。
へろへろになって帰宅。
[PR]

by mono_77 | 2007-07-10 17:53 | 自転車