<   2006年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

富士ヒルクラの準備

あと2週間ちょっとなのに何も考えてません・・・
車あるからどうとでもなるだろうと思って宿の手配もまだ。
ヒルクラもほとんどしてないし、どうなるんだ?

某Mにつられてローラー台は富士対策に変更したものの、
30km/h 6分×4
30km/h 7分×5
31km/h 7分×2(撃沈)
27km/h 30分-30km/h 5分-36km/h 1分

そもそも、この強度でどの程度のタイムが出るかが分からない・・・

どうせ前日受け付けなんだから、早く出てそこらをうろつこうかと。
そこで考えたコース
受付場所近辺に駐車して出発
スバルラインヒルクラ-山中湖-篭坂峠-須走口-あざみラインヒルクラ(同じルートで受付まで戻る)
で、100kmくらいかな?

やばい、本番よりこっちの方が楽しくなってきた(笑)
[PR]

by mono_77 | 2006-05-23 23:56 | 自転車

TOJ

本番の方

レポートは公式サイトに任せて省略

中盤から終盤まで逃げ続けた5人の日本人。
ポイント賞狙いだと気づかず、真理(ミヤタ)が逃げに乗っているのを勝手に怒っていました。
何年ロードレース見てるんだって感じの間抜けな観戦者です・・・orz

それにしても、新城(VANG)はすごい!散々逃げた上にカウンターの逃げにも乗って堂々の5位。
他のステージでもまんべんなく上位に入り込んでいるし、別府(史)にも引けを取らない期待性があるのでは?
とにかく、シーズン真っ只中に日本に戻っている場合じゃないですよ。
飯田ステージで森山(ミヤタ)が頑張っていたのは、きれいさっぱり消えてしまいました・・・

レース後に駐車場でナショナルチームの選手を捜しているスタッフがいたが、お披露目には間に合ったんだろうか?(笑)

d0046502_0152111.jpg

写真は逃げている5人
[PR]

by mono_77 | 2006-05-23 00:15 | サイクルロードレース

TOJ市民レース

6時集合の予定が起きたら6時50分( ̄□ ̄;
とりあえず、もうじき会場につくであろう人達に電話して○○(諸般の事情により伏字)をお願いして、急いで出発。
多摩川沿いも一般道を使って急ぐ。
大井までAve30km/hなんて初めて・・・

駐車場で先行隊に笑われつつ準備+食事+アップ
来るまでに結構がんばっているので、軽くローラーだけで試走は無し。
チームからは同じ区分で4人エントリーしているが、今回は特にチームプレイは無し。
何故かエースも出ているけど、出場クラスがおかしいので放置の方向。

スタートは先頭。いきなり飛ばす人がいるけど無視してマイペース。
じわじわと位置を下げ、半周くらいかけて最後尾まで移動。
アタックはあっても決まらないだろうし、中切れがあっても何とか追いつけるだろうと踏んで、しばらくサイクリング状態。
心拍も普段のレースより10~20くらい低い
2周目の集団でバーストとかあったものの、TOJにしては驚くほど集団も安定している。でも、舗装修理のアスファルト片が飛び交っててカンカンうるさい。そしてたまに痛い・・・
2周目終盤から位置を上げていって、中盤くらいに腰を据える。
で、バックストレート後の右コーナー(狭くなっている所)の手前でアタック!
場所的に集団は追えないだろうとの読み通り、アタック成功。結構離れて良い感じだけど、誰も付いてきてくれなかった・・・
※集団のペースは多少上がって、そのせいだかコーナーで落車があったらしい。そしてチーム員は半分いなくなっていました・・・

心拍は190超まであがり、ちょっとペースを落とさないとってあたりで振り向くとやはり追ってきている様子。
元々本当に逃げ切れるとは思ってなかったけど、ペースを落として集団に吸われる。
これで集団がかなり小さくなったので(本当の原因は落車)、気づかずにそのまま千切れそうだったが、最後尾に張り付いて回復タイム。
最後の左コーナー手前まできてもペースがあがらなく、人数が少ないこともあり、コーナーも危なげなく通過。
いつもならここからペースが上がるところだけど、まだ上がらない。
スローペースのおかげで回復はしてきたので早掛けと思ったけど、スプリントに参加できそうと欲が出てためらう。
そうやっているうちに、誰もしかけずにラスト500。
右が空いているので仕掛けよう!と思ったところで、集団ど真ん中から右に出てくる人が。
(後で聞いたら、エースが押し出されそうになっていたらしい。)
落車につながる程危なげではなかったけど、それで出て行くタイミングを失って、そのまま流してゴール

25/51位、Top差06s19


計画通りアタックはしたし、成功したので一応満足。
逃げが決まるコースじゃないし、スプリントも駄目なので、元々勝ち目があるレースではなかった(じゃあ何で出たんだ?)
反省点は、2度目のアタックを躊躇ったこと。出来もしないスプリントに欲が出て、案の定何もできずに終わり。
これだったら千切れて終わったとしても仕掛けていた方がよっぽどマシだった。
次は迷ったら仕掛けるようにしよう。


観戦編に続く...
[PR]

by mono_77 | 2006-05-22 18:34 | 自転車

5/20 多摩テック

多摩テックコース-鑓水周回-尾根幹-よみうりランド 75km

家を出ると西の空が真っ暗で嫌な感じ。昼頃には降り出しそうな気がしたので、短めのコースで追い込んでみることに。
3%3km坂はほどほどにして、いろは坂からは1枚重めくらいを意識して追い込む。
(23Tなのを忘れてたので、2枚くらい重かったらしい)
心拍は180をちょっと超えるくらいで、悪くない感じ。

多摩テック、平山城址と回って野猿街道に下るところで、飛び出してきた車を避けきれずに接触とかもしてみる
幸い、ペダルがバンパーにこすれた程度で落車もなく自転車の破損も無し。
対向車が来てるか、車のブレーキがもうちょっと遅いか、手前の信号で引っかかってなかったら飛んでたことでしょう・・・
逃げなかった運転手に説教だけして練習を再会。ちなみに、心拍は一瞬で35上昇(笑)

続いて下り基調の野猿でももがく。交差点まで信号に引っかからず限界まで速度も上げられる。
その後、鑓水の周回へ。4周するつもりだったが、1周で心が折れて終了・・・
登りはそこそこのペースで、下りは上がった速度を出来るだけ維持できるように。
最近、下り基調の道でも登りに近い程度に追い込めるようになってきた。
前までは途中で踏めなくなっていたので、冬場の筋トレの効果?
少し重くするとケイデンスが一気に落ちていたのも解消されてきているっぽい。

尾根幹は向かい風と戦いつつ信号インターバル。
TOJ用にコスカボをはいてたけど、これくらいの登りだと、ゼロ発進でもスピードに乗れる。
重くて登りでは使えないとの評判も、群馬CSC程度なら全然問題無いだろうし、夏の群馬はこっちで行こう。
足が売り切れた時に悲惨なので、秋のアート杯でどっちを選ぶかが迷いどころ・・・

矢野口付近のつながった道を探検してからよみうりCC経由でランドまで上って終了。
朝にあった嫌な雲はきれいさっぱり消えていました。

TOJの運転手と翌日の打ち合わせをして荷物を車に積み込み終わったところであっというまに暗くなって豪雨。
風張まで行ってたら間に合わなかったかもしれない・・・
[PR]

by mono_77 | 2006-05-22 15:52 | 自転車

PolarS720i用の

d0046502_22515862.jpg

ジロ観戦の合間にちょっとずつ作成中。
付属ソフトだとラップごとの分析が昨日不足なので、複数ラップのグラフを重ねて表示とかさせてみたい。
あとは、データ補正をボタン一発でやれるようにとか。

そんな暇あったらローラーやれってツッコミは無しの方向で(爆)
[PR]

by mono_77 | 2006-05-16 22:57 | 自転車

5/14 都民の森

北野街道-秋川街道-都民の森ー五日市-多摩川 150km

実業団が無かったので、久々のセレーノ練。
コースを間違えたりいろいろで、高尾回りで五日市まで。
序盤からハイペースで、千切れるほどではないけど、結構きつい。
秋川街道は車も少なく走りやすい。距離も変わらないし、R20-秋川街道ってルートも良いかも。

十里木のセブンで休憩して本番の檜原街道へ。
すぐにペースが上がってペースは35km/hくらい。
ついていくのがやっとの状態だけど、何とかローテーションに加わるも、1回でおしまい。
その後も引かずにへばりついていたが、甲武トンネルとの分岐直前で千切れる。
集団は交差点を越えたらペースが上がって、あっという間にセレーノとその他で分断。さすがBR1・・・
あっという間に全員見えなくなり、2人旅に。
後は心拍175前後を維持して都民の森まで。さすがに風張峠折り返しの先頭よりは先に到着(笑)

甲武に登っていく集団を見送って、2人で五日市方面に帰宅。
例によって登りよりきつい下りで脚は完全に売り切れ。
あとはのんびりと流して終わり。と思ったけど、多摩川の向かい風+売り切れの脚で、低速で苦しみながら帰宅
[PR]

by mono_77 | 2006-05-14 23:44 | 自転車

パワートレーニング?

某M氏の真似をしてやってみた。
出力は分からないので、とりあえず30km/hに設定してみた

アップ[8分]-[30km/h[6分]-23km/h[2分]]×4セット
ちょっと控えめにしてみた。

d0046502_2159226.jpg

こんな感じ。

平均心拍は152,156,159,163と、どんどん上がっていくが、飽きなければまだもう少しは上げられそう。
8分を4セットに増やして、出来たら速度も1km/hづつアップする予定。
35km/hは無理だろうな・・・

レストは21kmに落としてみよう
[PR]

by mono_77 | 2006-05-12 22:01 | 自転車

映画


立喰師列伝


ジロの移動日の隙に。
30分くらいの映像かと思っていたのに、結構長かった。
いかにも押井守らしい、ひたすら理屈っぽい内容。
IG以外じゃあ、こんな映画作らせてもらえないだろう・・・
[PR]

by mono_77 | 2006-05-11 23:48 | その他

5/6 大垂水&裏和田

多摩川~R20~大垂水~裏和田~浅川~多摩川 115km

天気の都合で連休最終日となりそうなので、峠攻め。
R20に入った途端にペースが上がって、そのペースのまま八王子の市街地まで。
町中+コンビニ休憩でペースが落ち着いて、大垂水に突入。
緩斜面区間で引き倒して、ややきつくなってきた辺りで先頭を譲って、そのまま遅れる。
最後に一人捕まえて3番手で登り切る。

和田峠も、入りはゆっくり。
じわじわと心拍があがってきて、そのまま自然とレースモードに。
すぐに3人になってしばらく進むが、直線区間でエースS君がじわじわと上がっていき、一人逃げ状態。
しばらく2人で走ってから、追走のアタック。
一旦差を詰めるものの、完全に泳がされてイーブンペースで逃げ続けられる。
終盤に後ろから追いつかれて、またもや3番手。

表側に下り、緩斜面になったあたりで前の方がペースアップ。45km/hくらいまで上がり、心拍も180超。
追いつけずに登りよりもきつい下りはコンビニについて終了。
残りはCRをサイクリングペース<追い風なのでかなりきつい
[PR]

by mono_77 | 2006-05-08 00:40 | 自転車

5/4 宮ヶ瀬

宮ヶ瀬湖-裏ヤビツ-唐沢林道-半原越-宮ヶ瀬湖 90km

せっかくのGWなので、趣向を変えてチームカーで宮ヶ瀬湖まで移動。

まずは裏ヤビツ。
前半の緩斜面はケイデンス高めで引く。視界が悪くて先頭交代出来ないので引き倒し。
きつくなってからは千切れないように何とかついていく。心拍は170くらい。
わき水手前の傾斜のきつい所の先で力尽きて千切れ、10秒くらい遅れて頂上。

初ヤビツのメンバーが多かったので、表の駐車場まで降りて観光。ちょっともやがかかっていたが、江ノ島までよく見えた。

そして折り返して(高低差200くらいらしい)唐沢林道。
結構斜度があるけど、落石だらけなので避けるのでいっぱいで追い込めない。
そこそこのペースで1本目の峠を登り切る。下りも落石と落ち葉だらけのコーナーと戦わないといけないので怖い。
2本目の登りは落石も少なくて良い感じだったが、散歩中の犬に襲われて(かなり誇張)急ブレーキ。
止まれたけどクリートを外す暇がなく転倒。犬は匂いを嗅いで行ってしまいました(笑)
その峠は集中力が途切れて残りはのんびり。

コンビニ休憩して最後の半原越。
走りやすくて角度もあるので、すぐに心拍170まで上がる。
何とか付いていくが、じわじわと心拍が上がって、中盤あたりで心拍180くらいまでいって千切れる。
残りは170台後半に落として一人旅。30秒遅れくらいだったらしい。
高低差約370m、裏ヤビツ(約450m)とそんなに違わないのね。

反対に回ってトンネル地帯から宮ヶ瀬湖まで戻ってきて終了。
ちょっと物足りない感じ。(じゃあもっと追い込めってのは言わないでね)
ヤビツの表を登り返し+半原越折り返しで柿ノ木平まわりで帰ってくるくらいでちょうど良いかも?



ポラールはスピードセンサーの反応が悪くて、メーター上は走行距離30kmくらい。
ログを見ると3日も結構反応していない時があった様子。
おまじないが効いていないのかもしれないので、フロントに戻そう。別に困る事もないし。
それでも駄目だったら、スピードメーターだけ別に取り付けか・・・


渋滞情報
裏ヤビツ:車はそこそこくらい。峠から湧き水の間はハイカーだらけで歩行者が途切れる事が無かった。
宮ヶ瀬湖:駐車場渋滞で全方向2km以上くらいは殆ど動かず。反対車線は渋滞無し
[PR]

by mono_77 | 2006-05-04 23:31 | 自転車